私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

ツイッターウオッチング(2017年5月ころ)

りぼん作家さん、元りぼん作家さんをツイッターでリストにしてたまに読んでるんですけど、最近、おもしろいネタであればばんばんひろまる(RT、リツイート)ようです。

 

森ゆきえ先生

 本誌で「めだかの学校」を連載終了後マーガレットなどで描いてはったんですがりぼんに戻ってきて続編を描かれていました。

めだかの学校 2限目! (りぼんマスコットコミックス)

めだかの学校 2限目! (りぼんマスコットコミックス)

 

 

 

ミキマキ先生

シュールギャグの枠を持っててそのノリで他誌でも活躍されている。りぼん時代を読んでいた人は最近の活動を知らなかったといい、最近の漫画を読んでいる人はりぼん時代を知らないというあたりがなんだかおもしろかった。

りぼんマスコットコミックスは電子化してないのか……のでリンクはらない。アフォガードあたりはガンガンONLINEだったので、ふっと読んで笑った人がいるんじゃないかしら。

 

 

 

 種村有菜先生

最近はすっかりアイドリッシュセブンになってしまってますけど(ゲーム1回もしてない)、(ほかの方にプロデュースしてもらって)神風怪盗ジャンヌのLINEスタンプを発売されました。

たしか、LINEスタンプが誰でも作れるってなったときには、意欲はあるんだけど、ジャンヌは(テレビアニメ化もしたこともあり)いろいろ簡単には出せなさそうということをTwitterでコメントされていました。

人気が出ればほかの作品も出てほしいなと思います。

 

 

 

 

store.line.me