私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

りぼん60周年ふろく本。

りぼん60周年ふろく本が出るようです。

 

りぼんの付録 全部カタログ ?少女漫画誌60年の歴史?

りぼんの付録 全部カタログ ?少女漫画誌60年の歴史?

 

 

 

www.amazon.co.jp

natalie.mu

それは突然のニュースで、2015年7月に発売予定の「りぼんの付録 全部カタログ~少女漫画誌60年の歴史~」。はてなブックマークでもブクマ数が伸びています。この時点で公式の告知が無いような気がする。(あったらすみません)

出てました。

また、りぼん作家さんの間でも話題になっているようです。

このほかにもあったと思うんですが発掘できなかった……。

 

この手の本が出ると

気になるのは、索引があるのかどうかですね。索引があると、データベース化するのにすごく便利です。データベースというのはデータの集まりといったところでしょうか。みんなが良く使う「検索」も、検索したいサイトがたくさん集まっているデータベースといえるでしょう。

いま、こういうサイトがあったりして、(正しい)データを集めていく活動がすすめられています。

メディア芸術データベース

ある時点より後になると、編集や広報のために、タイトルや作者の名前なども、デジタル化(かんたんにいえばパソコンで見られる状態)されているので、データの集まりに載せやすいですけど、昔のものになればなるほどそれは少なく(かつ、不正確に)なっていきます。

正しいデータをネットで共有して、いい方向に利用できるようになればよいですね。