読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

ダンスdeゴー!(バディゴ!など)

(2015/11ころ:黒崎みのり先生の過去作品RMCのリンクをKindle版に変更)

バディゴ!って何?

2015年2月に、黒崎みのり先生の「バディゴ!(BUDDY GO!)」1巻が発売されました。最近のりぼんでは珍しい男の子二人がメイン、さらにまさにいまどきともいえる某動画サイトの「踊り手」を扱ってます。(とはいっても、片方は主人公の女の子が「男装」しているので、めちゃくちゃ異質でもない。)

 

バディゴ! 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

バディゴ! 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 
バディゴ! 1 (りぼんマスコットコミックス)

バディゴ! 1 (りぼんマスコットコミックス)

 

 

バディゴ! 2 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

バディゴ! 2 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

バディゴ! 2 (りぼんマスコットコミックス)

バディゴ! 2 (りぼんマスコットコミックス)

 

 

バディゴ! 3 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

バディゴ! 3 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

バディゴ! 3 (りぼんマスコットコミックス)

バディゴ! 3 (りぼんマスコットコミックス)

 

 

バディゴ! 4 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

バディゴ! 4 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

 

バディゴ! 4 (りぼんマスコットコミックス)

バディゴ! 4 (りぼんマスコットコミックス)

 

 

バディゴ!っていうタイトルも珍しくてびっくりしたんですが。(たしか、りぼんのまんがは、あまり難しい(英語の)タイトルはつけないとかどこかで見たような気がするので)BUDDY GOはうーん、直訳すると「いくぜ相棒!」みたいな?掛け声っぽいですかね。

黒崎みのり先生は昔の作品がどうも(紙バージョンの)コミックリストに載ってない気がするんですが、活動歴は長い方です。どちらかといえば、小学生がメインのお話が多い気がします。(個人的主観)追記:Kindle版で続々登場してたので貼りなおしておきます。

 

恋愛1年生 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

恋愛1年生 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

ポケメン! (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

ポケメン! (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

シュガーズ☆ (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

シュガーズ☆ (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

まんなかの王子 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

まんなかの王子 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

バディゴ!1巻のコメントによると、フルデジタルで作業をされているとのことでした。液タブと呼ばれる「液晶タブレット」を使っているようです。えっと、すごく高いです。将来はいま2万円くらいで売ってるようなAndroid/Windowsタブレットでも入稿レベルの漫画が描けるようになると思うんですけどねぇ。今度発売されるiPad Proとアプリでまんが描けるようになればそれもいいかも。

 

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K1
 

 

 

りぼんのダンスまんがをふりかえる

最近のりぼんでダンスを扱ったまんがは、ぱっと思いつくやつで「かりん」と「プリティーリズム」かしら。

 

 藤原ゆか先生は今やりぼんの一軍ですね。CRASH!でブレイクした。

 

 

 プリティーリズムは、アニメなどのメディアミックスをしていました。その漫画版ですが、りぼんらしい脚色があったように思います。作画の朝吹まり先生がうまく「夢見る少女」を描いてくれていて、読んでいて元気になれました。

 

 21世紀に入って、ボカロの漫画、「歌ってみた」人の漫画、そして今回のような「踊る動画」漫画など、今までになかったものがどんどん出てきていますね。