私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

歴代りぼん賞受賞作家さん。

メモとして、また追記するかもです。

 
りぼんでは、現在のルールでは、漫画スクールにおいて準りぼん賞以上がデビューです。その他漫画賞は別。
小学生漫画賞は、大賞はりぼんデビューではありません。あくまでも受賞作が掲載され、副賞(文房具とか)がもらえます。
 
これまで覚えてる分でりぼん賞の人は…
 
かな?間違ってたらごめんね。
りぼん賞は本誌掲載なので、りぼん14年9月号では熊乃すず先生のデビュー作が読めます。
 

 

 

 

りぼん 2014年 09月号 [雑誌]

りぼん 2014年 09月号 [雑誌]

 

 

2014年8月の増刊号には早速2作目が掲載されていますね。

 

 

 

 
雪丸もえ先生からあいな先生までは間があいていることもあり、雪丸先生の作品はすでにたくさんあります。

 

 

 

ひよ恋 13 (りぼんマスコットコミックス)

ひよ恋 13 (りぼんマスコットコミックス)

 

 

 

 

 

流星アストロマンス (りぼんマスコットコミックス)

流星アストロマンス (りぼんマスコットコミックス)

 

 

 

 

 
高野きか先生は、小説の挿絵を描かれているそうです。

 

 

 

ひまわりと子犬の7日間 みらい文庫版 (集英社みらい文庫)

ひまわりと子犬の7日間 みらい文庫版 (集英社みらい文庫)

 

 

 

 

他のみなさんはまだ単行本になるだけ作品がたまってないと思います。早く出ないかな。