読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

種村有菜先生の『時空異邦人KYOKO(タイムストレンジャーキョーコ)』が文庫化するそうです。

りぼん

種村先生ご本人のTwitter(および同人誌の告知)で書かれていたため間違いないでしょう。2014年9月に発売予定とのことです。(7/21時点で集英社サイトにはまだ告知なかったと思います。)

Amazonで買えますね。


時空異邦人KYOKOは、種村先生が描きたい漫画3つのうちのひとつといわれています。(ジャンヌとキョーコと、あとひとつ。それは、いわゆる血なまぐさいシーンが含まれるため公開にはいたってないそうです) そのためりぼんでの連載開始時点などではとても強力にプッシュされていた気がします。

現在はKindleでも読めますね。

個人的にはお話がかなり最後飛ばされてしまったので、この手のお話が受け入れられる雑誌でもう一度長く書き直したバージョンが読みたいです。Twitterを観測していると機会があれば、といったコメントもあったので期待したいです。

 

 追記

同人誌「裏・有菜の種2」読みました。この作品については、やはり機会があれば描きたいというふうにとれることが書いてありました。