私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

漫画家まんがを読む

自分の観測範囲でしかないので、まだまだありますし、コメントで紹介してくれるとうれしいです。
いわゆる業界ものというか、漫画家のまんがをいくつか。

キミとここから! (りぼんマスコットコミックス)

キミとここから! (りぼんマスコットコミックス)

だいぶ前の朝吹まり先生「キミとここから!」ですが、1話ですごく惹かれたのを思い出します。短期連載になってしまったけれども。

「マンガのマ」は、今や犬まんが「チョコタン!」で大人気な武内こずえ先生ですがこれは増刊などでシリーズ連載してました。この後くらいからりぼんは小学生まんが大賞をはじめたのかな。

マンガのマ (りぼんマスコットコミックス)

マンガのマ (りぼんマスコットコミックス)

続マンガのマ (りぼんマスコットコミックス)

続マンガのマ (りぼんマスコットコミックス)




エディター・エディター (花とゆめCOMICS)

エディター・エディター (花とゆめCOMICS)

そして花とゆめオンライン掲載だったそうで絵柄も内容も挑戦的だった、江國ナサト先生の「エディター•エディター」。でもこの雰囲気好きなんで続編に期待。てかこれを紹介したくてこの記事書いた気がする。

漫画家先生が漫画家をめざしていた頃の話とか、漫画の描き方そのものの単行本もいろいろあります。

そういえば「りぼん」でいえば、「HIGH SCORE」の登場人物に漫画家がいますね。

漫画家になりたい人はいつの間にかそういった方面しか見なくなるので(友達が投稿者ばかりになるとか)、まだまだ、漫画家の数よりも漫画投稿者は多く、さらに漫画を投稿すらしないで漫画家になりたいなあとばくぜんと思ってる人がそれより多く、さらに、漫画を読む方の人が圧倒的に多いことはイメージできているとよいですね。

おまけ。

漫画家まんがといえばやはりまんが道。さらにその昔、まんが道を翻案した漫画もありました。お父さんに聞いてみよう!