読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

マーガレット本誌19号を読みました。

マーガレット

なんとなく「りぼん」「花とゆめ」「月刊プリンセス」などなどの表紙や特集を見比べていて、一番自分にしっくりきた「マーガレット」本誌19号を買いました。

一番見たかったのは(なんと)亜月 亮(あづき りょう)先生*1のバレーのやつ(アタックNo.1 グラチャン編)という(笑)。亜月先生はこの手の絵がりぼん時代から得意だったので楽しく読めました。(シリアスだと思ってたらギャグ漫画でした。)

また、この号には別冊で「マンガおしごとNAVI~漫画家と編集者~」がついていて、藍川さき先生とやまもり三香先生のプロフィールやお仕事紹介、また担当編集者さんのお仕事についてわかる記事が載っていまして、個人的にはこれで買った価値があったかなと思いました。

 

以下気になった漫画など。

  • 日々蝶々(森下suu先生)……今回表紙でもあり絵柄がとてもきれいなんですけど、なんですけど……超スローペースな展開は変わりません。お約束の勉強会イベント、どうなることやら。
  • 天涯孤独系ガール(佐藤ざくり先生)……読み切りです。ジャンルは近未来SFといったところでしょうか。事故でこん睡状態になった主人公の周囲で奇病がまんえんし、コールドスリープでなんとか生き延びたのですが……ちょっとこわい印象もありました。似たような雰囲気として杉本愛紗先生をイメージしてしまいました。
  • 空想スピンフラワー(藤宮あゆ先生)……「発見部」の入部試験つづき。予想できうる? 展開ではありました。フルカラー扉の雰囲気がよかったです。まだ物語が始まったばかり(始まっていない?)なので長い目で見たほうがいいかなあ。 

次号マーガレット20号は、種村有菜先生の「猫と私の金曜日」2巻発売にあわせて、「猫金」表紙、巻頭カラー、増ページだそうです。(19号ハシラコメントより)。

 

猫と私の金曜日 2 (マーガレットコミックス)

猫と私の金曜日 2 (マーガレットコミックス)

 

 

また「猫金」1巻がkindle電子書籍でも配信開始だそうです。

 

 

 

*1:ブログを見てたら、他社さんにもホラーものを描いてはるようですね。今知った。ホラーは漫画も映画も苦手です。