読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的少女漫画感想-おもに「りぼん」と「Sho-Comi」作家

私的メモをぼちぼち書きます。対象はおもに少女漫画雑誌・集英社「りぼん」と小学館「Sho-Comi」所属(以前所属)作家さんについて。コメントはスパムよけで承認制です。

りぼん4月号。さらに新時代をきりひらく。

りぼん 少女漫画家考察

なんか最初にあやまっておきますけど、引用というかTwitterとかアマゾンの引用が多くて本文あんまりな息がしたけど出してみます、すみません。

 

ちゃおでは掃除機が。りぼんは財布やで

 

ちゃお 2017年 04 月号 [雑誌]

ちゃお 2017年 04 月号 [雑誌]

 

 

 

という一方で4月のりぼんのふろくは財布です。しかしながらマニアとしてはそうじゃなく、カレンダーがついてることを賞賛したい。

 

りぼん 2017年 04 月号 [雑誌]

りぼん 2017年 04 月号 [雑誌]

 

りぼんカレンダーとは何か

その昔りぼんカレンダーといえば毎年の「一軍」がわかりさらに1月はトップであることがわかるという仕組みでした(たぶん)。その後トップの作家さんは好きな月の絵を担当できるようになったとか。

しかしながらコスト面?などで、年々規模が縮小され、いまは無かったり、折込1枚だったりしてさみしかったです。

それがひさしぶりに復活してました。

Sho-Comiのほうは毎年カレンダーをきっちり作ってくれてるので、ぜひともりぼんでもこれはやっていただきたいと思います。

2017年りぼんカレンダー(365日きらピュアカレンダー)に関わっている漫画家さん

サイズはB5横、(*)は見開き扱いでB4。Twitterアカウントがある人にリンクしてみた。

4月の新連載と、5月の新連載

4月号からは瀬川あや先生の新連載がはじまりました。瀬川あや先生も絵がこなれてきた感じだし、読みきりの雪森あゆむ先生も、そろそろ本誌に連載にきてくれないかなーと思ったりします。で、5月からは木下ほのか先生の連載がはじまるそうで。りぼんはふたたび新時代というかまたまた世代交代が進んだ気がします。増刊も中旬に出るんですけどかなり入れ替わってきた。

 

 

 

 

おまけ

このマンガがすごい!WEBのアンケートで、投稿した分が採用されてました。

konomanga.jp

こちらの3ページ目に、のせてもらってます。わーい。

 

古屋先生は杏ちゃんのモノ 1 (りぼんマスコットコミックス)

古屋先生は杏ちゃんのモノ 1 (りぼんマスコットコミックス)

 

 

先生の「古屋先生は杏ちゃんのモノ」でコメントをのせてもらいました。

 

 

北里鮎先生のデビュー作にカツモクせよ

りぼん

取り急ぎというか。

めっちゃすばらしい!素敵な新人漫画家が誕生しました!北里鮎(きたざとあゆ)先生です。

 

 

りぼんわくわくステーション

ここからのリンクで受賞作品が読めるようになるのは4月1日ですが、ぜひ今りぼん本誌買って読んで!!!まじで!!!めっちゃ素敵な話なんよ!!!!!!!

 

りぼん 2017年 03 月号 [雑誌]

りぼん 2017年 03 月号 [雑誌]

 

 

二酸化炭素

北里鮎先生のブログはこちら。

 

いやもうきらっきら!最高!

 

りぼん2017年2月号からみる「りぼん一軍作家」一覧など

りぼん 少女漫画家考察

てなわけで今年もよろしくお願いします。

ぼちぼちペースでいければいいかなと思ってます。

早速ですがりぼん2017年2月号。フロントメンバーについて、デビューについて、野いちごコラボあたり。

 

りぼん2017年1月号ふろく手帳を見る

 

りぼん 2017年 02 月号 [雑誌]

りぼん 2017年 02 月号 [雑誌]

 

 付録は手帳。ああ、やっぱり「りぼんカレンダー」はもう無いのかしらん。あれはいわゆる一軍の人がわかっていいんだけど。

……と思っていたら、この手帳の中になんと、漫画家さんのプロフコーナーというのがありました。(画像はわざとぼかしてます。)

f:id:namikawamisaki:20170109132628j:plain

ここに掲載されている漫画家さんを挙げてみます。おそらく、連載をもたれている方だと思いますが、ほぼ「一軍」とみて間違いないでしょう。

あとは最近の増刊に出ている人とセットで、いまのりぼんのフロントメンバーという感じです。(こっちの記事まだ書いてないな……)

 

 

15歳デビュー

そして2月号には、第4回りぼん新人漫画グランプリの結果発表があり、北里鮎さんが準グランプリでデビュー。

 また遊川あみこさんもデビュー決定しました。おめでとうございます。

デビュー報告 | MISSION-漫画制作記-

そのほか、小学生まんが大賞の受賞者、入賞者もどんどん漫画スクールに入ってきてますねぇ。

 

野いちごとのコラボ

広告がはいってたんですけど、けっこう前からあるケータイ小説サイト野いちごで、りぼんとのコラボ賞があるようです。

no-ichigo.jp

7万字いるんでけっこうしんどいですけど、文字は書けるけど絵が苦手、でもりぼんのまんが好きって人は応募していいと思います。あ、「りぼんの歴史を変えるような作品」とかあるとおもしろいかも。

 

関連記事のようなもの

 

arait40.hateblo.jp

arait40.hateblo.jp

 

 

Sho-Comi2017年1号を読みました。

Sho-Comi 少女漫画家考察

(と書いておきながらあまり本誌の感想がない件)

Sho-Comi(少女コミック) 2017年 1/1 号 [雑誌]

Sho-Comi(少女コミック) 2017年 1/1 号 [雑誌]

 

 公式では5日発売なんですけど、3日の土曜日に本屋に出ていたので、速攻ゲットしました。というのも毎年この号には、カレンダーがついているんですね。

カレンダーは野球でいうと先発ローテーションみたいな感じの、人気のある作家さんが担当されるので、いまのSho-Comiのトレンドを知る指針になります。「りぼん」も毎年カレンダーがあって、それを楽しみにしていた(一説には1月がトップレベルらしかった。いつからかトップ作家が好きな月を選べるらしくなったらしい)んですけど、いつからかカレンダーがなくなってしまいました。

 

カレンダーは本誌サイズで広げてピン留めするやつです。去年と比較すると、ベツコミに移籍された後藤みさき先生が抜けられて、杏堂まい先生が「サンリオ男子」で入っていました。(=ほかの月は去年と同じ漫画家だった。)

 

arait40.hateblo.jp

 

サンリオ男子 1 (少コミフラワーコミックス)

サンリオ男子 1 (少コミフラワーコミックス)

 

 

本誌についてはまあ安定してどれもおもしろいんですけど、やっぱり41歳のおばさんなんで、「くずの彼女」はちょっとなあ、と。桃井すみれ先生が最近そっち系の漫画が多かったので、この連載を担当されたのかなあとは思いますけど、これがメインタイトルになったコミックスが出るのかなあ、と想像するとさらになんだかなあと。

 

カレンダーに2年連続で入った、きみど莉央先生は、映画のコミカライズをされていますね。来年も活躍されそうです。

 

芋けんぴ」で有名?な、杉しっぽ先生は、以前連載していたショートコミック「マンガのお仕事」の続編を掲載されています。最近の増刊を見ていると絵が毎回すごい勢いで変わっているので気が抜けないです。

 

 

 

 

りぼん2017年1月号で情報収集。

りぼん

小出しになりそうやけどとりあえずりぼんを買ったら最初に次回予告とまんがスクールをチェックする程度には違う方向に読者ですはい。

 

りぼん 2017年 01 月号 [雑誌]

りぼん 2017年 01 月号 [雑誌]

 

年末進行なので2月号は12月末に出るし、さらに冬増刊(別名鈍器)も中旬に出ます。

 

 

本誌1月号はこの増刊の予告が入るので早速チェックしていたところ、優月うめ先生が(回復され)本誌連載が中断していた『青い春はななめ前。』の「完結編」が掲載されるとのことです。

紹介ページはこちら。→http://ribon.shueisha.co.jp/rensai/aoiharu/

その頃の過去記事もご参考に。

 

arait40.hateblo.jp

元気になられているようなので、ぜひとも来年はさらなる活躍を期待したいです。(くれぐれも無理をしないでほしいとは思います。)